2008.11.24

曹操軍、烏林に終結す

 二日続きで少々気の重い用事があって、気力・体力的に持つかな……と心配だったのだけど、今朝起きたら何とかなりそうな様子。
 これも前日の晩、ワイン&鍋に誘ってくれた友人たちのおかげ。
 というわけで久しぶりに映画館へと足を運び『レッドクリフ Part I』を見てきた。

 三国志に関しては二十年以上前に吉川英治を読んで以来、ずっと楽しんできたものだし、映像化に関してはあまり過剰な期待をしない方向で……と思って見に行ったのだが。
 いや、予想よりかなり面白かった。

 赤壁の戦いを二部作で描くこの作品、Part Iのストーリーは長阪の戦い~赤壁の前哨戦まで。
 序盤から迫力あるアクションシーンで「趙雲かっこえー」と心の中で盛り上がりっぱなし。
 京劇風の荒唐無稽さと野暮なリアルさの間で、かなり絶妙のさじ加減を実現していたのは、さすがアクションでならした監督だけのことはある。
 キャスティングも思いの外違和感なく、それでいて主要人物は書き割りになっていない所もいい。

 でも、中村獅童が演じた甘興、「海賊上がり」って所から見ても甘寧(字は興覇)だよなあ。あえて字(あざな)準拠?の役名にしたのは、何か意味があるんだろうか。
 甘寧もローカルながら関羽同様神様として祀られてるから、その辺に配慮したのかも。

 スペクタクルシーンについても「荒唐無稽」と「リアリティ」の狭間を上手くついている感じで、

  数万の軍勢が号令一下、整然と陣形を組みなおして前進する

 とか、

  おそらくは初めて「それらしく」映像化された九官八卦の陣

 とかのシーンが(フィクションとして)納得行くレベルで見られるので、かなり満足。

 あと、これから見る人に一応の警告。この映画、白兵戦というものがいかに残酷で血なまぐさいものか、という点について、かなり容赦なく描いている。
 流血シーンとかが苦手な人はご注意を。


 それにしても、この映画を楽しめたってのは、自分も「演義の呪縛」からずいぶんと解放されてきたものだ。
 自分は「演義」を元にした吉川英治から入ったせいもあり、どうしても「演義」のエピソードの印象が強くて、そのイメージが固まっちゃってる場合が多かった。
 で、映像化されて武器や鎧のデザイン、ストーリー展開なんかが「演義」と違ってると、それだけで妙な引っかかりを覚えてしまっていた。
(たとえば『レッドクリフ』で出てくるような魚鱗札の兜の方が歴史的にリアルだとわかっていても、「演義」の連環画に出てくるような甲冑を期待しちゃったり、とかね。)
「演義」が正史と違って創作だ、とわかっていたにもかかわらず、「演義」だけを他の創作とは別格に考えすぎていた訳だ。
 それがいつの頃からか

 「演義」も正史を元にした創作なんだし、無理にこだわらなくてもいいじゃないか

 と思えるようになってきて、格段に三国志ものの創作を楽しめる幅が広がったと思う。
 ……その最大の弊害恩恵が、『真・三国無双』シリーズだったりはするのだが(笑)。

 あと、『指輪物語』の映画化にあたって、「映画化するって事はいかに原作のエピソードを切りつめつつ、単なるダイジェストにならないようにするかだ」ってことをピーター・ジャクソンに教えてもらった、ってのも大きいかもしれない。
 冒頭、曹操の出陣にあたって、正史でも演義でも直接関係のない孔融処刑シーンを持ってくることで作中でのキャラクターを際だたせるあたり、うまい「切りつめ方」だと思った。

 とにかく、来年四月の後編は見に行かねばなるまい、と思える作品だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.13

ゴディバよりチロルチョコを選ぶ人(落語風に)

 えー、趣味というものにもいろいろ段階がございまして、はじめのうちは初心者向けのわかりやすいものを楽しんでいるのが普通ですが、だんだん年季が入ってまいりますと、より良いものを、より高尚なものを、と、だんだん深みにはまって行くものでございます。
 さて、そうして深みへはまって行った先にどうなるかというと、だいたい三種類に別れるようでございます。

 一つは自分にちょうどいいあたりのレベルに落ち着いて、飽きがくるまで続ける人。
 大抵の人はこうなります。

 もう一つは、今まで以上に良いものを、今まで以上に高級なものを、究極だ、至高だ、と言ってあくまでも高みを目指す人。

 そうして最後の種類は、ある所まで行くとふと原点に立ち戻って、安物ですとか、しょーもないものですとか、世間一般には「くだらない」の一言で片づけられるようなものに、たまらない魅力を感じ始める人がおられます。

 この、いわば「三つ星レストランを食べ回った揚げ句に、駄菓子屋の10円駄菓子へ帰ってきたグルメ」みたいな人というのは、特撮ファンという人種には少なからずいらっしゃるようで、中でもその筋の泰斗と言えるのが『パチモン大王』などの著書もある漫画家の唐澤なをき氏であり、特撮界の「10円駄菓子」中、一と言って二と下らない作品が、伝説の5分番組『ウルトラファイト』でございます。

 この、言ってみれば究極至高を(特殊な意味で)極めた素材を達人の手で料理した逸品が、先ごろ単行本にまとまりました『ウルトラファイト番外地』というわけでございます。

 なにせ昔から自作の中で『ウルトラファイト』をさんざんパロディしてきた作者が、円谷プロの公認を受けて(!)描いているしろものです。
『ウルトラファイト』を見たことのない人は「また唐澤なをきが好き放題やってるな」と思うだけかもしれませんが、本物を(特に後半の話を)見たことのある人なら
「ああ、まるで昭和の技術で撮った『ウルトラファイト』の新作を見るようだ」
 と、なんとも微妙な快感に浸れる作品でございます(笑)。

 かくいう私も「DVDになるのは絶対に最後だ」と信じてLDボックスを購入したという過去の持ち主で、読んでる間中、脳内で山田二郎アナの声が流れっぱなしでありました(^^;)。

 ……しかし2ヶ月も更新止まってて、読んだ本を元に「孔子の説いた礼」やら「ナチスとオカルティズム」やらのネタを温めておきながら、久々の記事が『ウルトラファイト』ってのは我ながらなんとも……まあ、いいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.10

や、痩せたねえ

 映画『宇宙戦争』を見に行ったら、驚くほど痩せたピーター・ジャクソンが、新作『キング・コング』の予告をやっていた。
 時代設定もオリジナル通りなのね。
 ちょっとドリスコル役が頼りなさげに見えたけど、ちゃんと恐竜が出てきてくれるようなのでとりあえず見に行くのは決定だろう(笑)。

 1933年のオリジナル版は、今やたったの500円でDVDが手にはいるので、興味のある方は一度見ておくのも良いかと。
 古さを考えれば、驚くほど楽しめる映画です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「戦闘」ではなく「戦災」を語る

 地球より重力が小さい環境に生まれたため、手足は触手のように細長くなっている。
 大気の薄い場所で音を聞き取るために、巨大な後頭部全体が鼓膜となっている。
 知能の発達の結果頭部が巨大化し、反対に食事として固形物を取ることが無いため消化器官が退化して、胴体がほとんど消滅している……。
 今では「タコ型の宇宙人」といえばギャグでしかないが、H.G.ウェルズが創作した当時の火星人は、人類を単なる食料としての下等動物にしか見ていない、まさに恐怖の存在だった。

 生まれた頃からウルトラシリーズがあり、SFが未来の理想として語られていた時代に育ってきた自分にとって、「最初に読んだSF」を特定するのは難しい。
 だが、最初期に読んだ「SF」の一つがジュブナイル版の『宇宙戦争』だったのは間違いない。
 三本脚の戦闘機械に乗って襲ってくる火星人たちは、当時の自分にとって紛れもなくバルタン星人やクール星人たちの「大先輩」だったのだ。
 あのころ、戦闘機械と20世紀初頭のイギリス軍、特に衝角駆逐艦「サンダー・チャイルド」との戦闘シーンにワクワクしたのは、自分だけではないはずだ。

 そんな原点とも言える『宇宙戦争』だが、大人向けの完訳を読んだのは、成人してずいぶんたってからだった。
 その時初めて気がついたのだが、ウェルズが主に描いていたのは、未曾有の災厄に見舞われた避難民たちの物語であり、当時、屈指の大国だった大英帝国の国民が「他の動物と同じになり、ひそみ、見張り、走り、隠れる」存在に成り果てた姿だったのだ。

 そうした意味でスピルバーグ監督、トム・クルーズ主演の映画『宇宙戦争』は、原作のテイストをうまく取り込んで再現している。
 派手な戦闘シーンや冒険活劇を期待する向きには薦められないが、今度の映画化は約五十年前の映画化よりもはるかに原作に近い雰囲気に仕上がっている。
 確かに映画の中心になっている「親子の絆」を始めとする付け足しは原作にはないけれど、主人公の動機付けとしてはありがちながらうまく行っているだろう。
 まあ、それよりなにより、初めてトリポッド(三本脚)こと戦闘機械が地中から姿を現すシーンで、その巨大っぷりの表現の巧さに充分満足してしまったのだが。

 100年前が舞台の原作を現代に移すにあたって少々つっこみ所もなくはないが、それも充分許容範囲だろう。むしろ、原作のエピソードをいかに置き換えるか、という点で楽しめた所も多い。
 原作を読んだことのある古典的SF者にこそ、じっくり観賞してたっぷりつっこみを入れてもらいたい(笑)作品だ。

 若干ネタバレだが、自分が子供の頃に大好きだった「衝角駆逐艦vs戦闘機械」のシーンは、今度の映画には存在しない。
 とはいえ、そのこと自体は気にならなかった。
 むしろ残念だったのは、戦闘機械を操る宇宙人(「火星人」でないのは、さすがに許容範囲だろう)がタコ型をしていないということだ。

 ……やっぱり、これって少数意見だろうか(^^;)。

p.s.
 ちょっとぐぐって見たところ、あのラストの展開を唐突だと感じた人が多かったらしい。
 ということは、昔は常識だった「○○にやられる宇宙人」って原作を知ってる人がほとんどいないのね……。
 やっぱり『宇宙戦争』『地底旅行』は、小学生の必修科目に……無理か、やっぱ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.02.12

当然、買いました。

 年初の予定では小ネタも含めてもう少ししょっちゅう更新するつもりだったのだが、気がつくと二週間近く放ってあるな。

 で。先々週、当然の如く『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンド・エディション』がアマゾンから届いた。
 先週、今週と続けて週末に中途半端な時間に用事が入る日が多かったもので、結果として、

 SEEを見る→用事を済ます→SEEを見る
   とか、
 ゲームするor本を読む→用事を済ます→SEEを見る

 というはなはだアレな週末を過ごすことになった。

 とりあえず本編は英語音声&日本語字幕、監督・脚本とキャストのコメンタリー、と計3回ほど見て、特典ディスクも2枚とも8割方見た。
 追加シーンも面白かったが、劇場版にあったシーンも、

・翼ある獣の首が斬られるシーン、一撃目で三分の一ほど斬られ、二撃目で頸椎を斬られて、残りは獣自体がひっくり返る勢いで引きちぎれているのを確認。
・指揮官オーク、片眼のない顔だけではなく、左半身全体が不自由。

 など、あらためて確認したシーンがいろいろあった。
 このブログ的にもっとも収穫だったのは、やっぱりあの片眼がゴスモグだったということだろう(笑)。

 こちらも前二作で目が肥えてしまったせいかいろいろ文句をつけたいところもあるが、あらためて一年前と同じ言葉を贈らせてもらおう。

「言いたいことはいくらでもあるけど、まずはPJ、よくやった。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.31

燃える王者の戦い

 年末年始はのんびり過ごそうと思ってたのだが、気がつくといろいろ予定が立て込んで、先送りすると行きたいところへもいけなくなる……ということで、何を血迷ったのか大雪の大晦日に『ゴジラ FINAL WARS』を見に行った。
まあ最後だって言うし、今年はハム太郎と併映でもないしね(^^;)。

 ガンダムの洗礼を受けた我々の世代は、「怪獣」に対しても生物的なリアリティ(というか、劇中でのこじつけ)を期待してしまいがちだし、だからこそ平成ガメラがあれだけ評価されたのだが、この映画からは
「リアリティなんてどうでもいいじゃん、か っ こ よ け れ ば 。
 という作り手の気合いが聞こえてきそうな気がする(笑)。

 冒頭からアニメ、というよりTVマンガ(!)と言いたいノリの展開を、しかもきっちり手を抜かずにやってみせることで「怪獣達がかっこよければ良し」な展開にして見せたのは見事。
 出てくる怪獣もアンギラスは当然として、ラドンにキングシーサーに……って、全部昭和ゴジラシリーズに出てきた怪獣じゃん。
 ビオランテはおろかメガギラスも出てこず、ジラ(例のイグアナ君)をのぞけば全て昭和ゴジラシリーズのメンバーがそろっている。
 そう、これは平成ガメラやハリウッドモンスター映画への対抗作品ではなく昭和ゴジラシリーズを、今の技術と演出で、全力を挙げてリメイクしてみせた作品なのだ。
 いや、見事に予想を裏切って面白かった。
 まさか、あんなミ○ラが出てきても腹が立たずに楽しめる映画が作られるとは思わなかった(^^;)。
 ……それにしてもキングシーサーはともかく、クモンガにカマキラスってのは、キャスティングねらいすぎ(笑)。

P.S.
上映が始まる前にパンフレットを広げていたら、隣の席の小学生が興味津々でのぞき込んできた。
 こちらが気がついた動きをすると小声で「すみません」と言ってかしこまるのだが、ページをめくるとまた目が吸い寄せられてしまうらしい。
 なぜか、これが全くウザく無かった(笑)。
 …………20年後、期待してるぞ、少年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.17

流行りに乗らないんじゃないのか

最初の記事で「世間の流行りに乗るのは好きじゃない」とか言っておいて、今までの記事が思いっきり流行りものの話題なのは少々気が引けるが、もともと『指輪物語』は10年以上前からのファンなので仕方ない。
映画のおかげで、かつては翻訳など絶望的だった関連本がいろいろ日本語で読めるようになってくれたのは素直に喜ばしいことだ。
もっとも最近は単行本の値段が高く『終わらざりし物語』も上下巻合わせて5,400円という、結構な値段になってたりするのだが。
こんな状況なら、Amazonで2割引だったおかげで「価格合計:¥15,680」とか言われたら、

映画の前2作のスペシャル・エクステンド・エディション(SEE)、まとめて衝動買いしてもおかしくないよね。

……友人達に聞くと「当然」という答えが返ってきそうなのもいかがなものか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

思いつきの末路

ふと思いついたことがあって、そのうち友人にでもチャットで披露しようと思っていたら、ちょうど同じ日に某所で同じネタが話題になっていた……。
やっぱり、あの片眼がゴスモグ扱いだよな、PJ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.16

今ぞ王の御代は来たれり。

『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』を見た。
仲間内ではみんな言っているし、自分も何度も言ったのだが、やはり

「言いたいことはいくらでもあるけど、まずはPJ、よくやった。」

というのが偽らざる感想。
あの題材で長年の原作読みから「無かった」ことにされないだけでもたいしたものだが、個人的には十分それ以上の評価をあたえられる気がする。
まだまだ足りない……と思うシーンはDVDで出るSEEに期待する(させられる)として、取りあえず自分としては、アングマールの魔王が納得の出来だったのでOK、と言っておこう(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)