« 今年の百冊目 | トップページ

2008.12.12

江戸語の罵声が飛び交う宇宙

 友人に借りていた今日泊亜蘭『宇宙兵物語』を読了。
 今日泊亜蘭はアンソロジー『全艦発進せよ!』収録の短編しか読んでいない、と言ったら貸してくれた本。

 何となく谷甲州を思い出させる外惑星の設定など、部分部分では他でも探せそうな太陽系内宇宙ものなんだけど、ストーリーを乗せる文体の独自性と、その文体を最大限に生かせるようにつくられた登場人物たちのキャラクターが実に良くて、結果的に強烈な個性を放っている。
「江戸語」がSF(それもばりばりの宇宙SF)にこれほど合うとは思わなかった。

『全艦発進せよ!』収録の短編は、作風はともかくこんなに強烈な文体はしていなかったと思うんだけどなあ。
後書きを見ると『全艦発進せよ!』収録の短編の方が、『宇宙兵物語』より前に書かれているはずなのだが……と言うことは、作者はこういう文体をかなり意識的に採用している、と言うことか。

 そう考えるとさらに凄いなあ。

|

« 今年の百冊目 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/43401063

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸語の罵声が飛び交う宇宙:

« 今年の百冊目 | トップページ