« 2008年11月 | トップページ

2008.12.12

江戸語の罵声が飛び交う宇宙

 友人に借りていた今日泊亜蘭『宇宙兵物語』を読了。
 今日泊亜蘭はアンソロジー『全艦発進せよ!』収録の短編しか読んでいない、と言ったら貸してくれた本。

 何となく谷甲州を思い出させる外惑星の設定など、部分部分では他でも探せそうな太陽系内宇宙ものなんだけど、ストーリーを乗せる文体の独自性と、その文体を最大限に生かせるようにつくられた登場人物たちのキャラクターが実に良くて、結果的に強烈な個性を放っている。
「江戸語」がSF(それもばりばりの宇宙SF)にこれほど合うとは思わなかった。

『全艦発進せよ!』収録の短編は、作風はともかくこんなに強烈な文体はしていなかったと思うんだけどなあ。
後書きを見ると『全艦発進せよ!』収録の短編の方が、『宇宙兵物語』より前に書かれているはずなのだが……と言うことは、作者はこういう文体をかなり意識的に採用している、と言うことか。

 そう考えるとさらに凄いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.10

今年の百冊目

 今年の百冊目は、ちくま学芸文庫の『正史三国志6 呉書I』だった。
 買ったのはずいぶん前だけど、拾い読みしかしていなかった本。
 いや、今回も読む順番めちゃくちゃだったのだけど、一通り全部読み通せた。

 実は士燮の伝を目当てに読み始めたのだが、士燮伝が入っているのは「劉繇太史慈士燮伝第四」
 孫策の侵攻をうけて支配地を失った劉繇、その劉繇の配下(と言うより客将か?)から孫策に降伏し、後に対劉表の国境地帯をまかされた太史慈、そして最南端の辺境で半ば独立勢力に近かった士燮。
 こうしてみると、演義以来「典型的な武人」のイメージが強い太史慈は、正史ではむしろ「優秀な地方統治者」枠で見られていたように思える。
 創作では暗愚なイメージの強い劉繇が、意外に高評価だったりするのも面白い。

 さて、今年中にあと何冊読めるやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ