« 「現世の最高神」を名乗る意味 | トップページ | 長い「その後」の物語 »

2008.09.23

思い出の戦国自衛隊

 ちょっとしたきっかけで半村良『戦国自衛隊』を再読。
 最新装備(といっても執筆当時=1970年代の)とともに自衛隊員30名が戦国時代へタイムスリップ……というと派手派手しいアクションを想像しがちだが、ここでは派手なスペクタクル描写が(まず間違いなく意図的に)抑えられている。
 唐突に違う時代、違う世界(彼らが送り込まれた先は、単純に我々の歴史世界をさかのぼった世界ではなかった)に送り込まれた混乱、そこから何とか立ち直り、否応なしに時代に順応していく自衛隊員たち。
 この作品がいまだに古びないのは、驚くほど淡々とした描写にもかかわらず、伊庭三尉をはじめとする登場人物の心情の移り変わりをうまく描いているからではないだろうか。

 今回読み返した文庫本、じつは、中学生の時に買ったもの。
 それ以前も子供向けの単行本やソノラマ文庫など今で言うライトノベルのたぐいは読んでいたが、いわゆる「大人向け」の文庫本を買ったのは、この時が初めてだった。
 石川賢(当時のクレジットは永井豪となっているが、石川賢の画集に収録されいる)のカバーイラストも、当時はむしろ大人向けの絵に見えたものだ。
 帯がセロテープで補修してあったり、学校へ持って行くときのためにカバーへ名前の頭文字を書いてあったりするのが今となっては非常に痛々しいが(笑)、煽りたてるような所のない、淡々としていながら味わい深い文章に、ずいぶんはまった覚えがある。

 そういえば、上杉謙信の本名=長尾景虎の名前を覚えたのも、この本だったっけ。

|

« 「現世の最高神」を名乗る意味 | トップページ | 長い「その後」の物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/42571210

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の戦国自衛隊:

« 「現世の最高神」を名乗る意味 | トップページ | 長い「その後」の物語 »