« 働き者の戦歴 | トップページ | 『関ヶ原』を読む »

2008.08.27

帰宅は月曜の午前6時半でした

 DAICON7へ行ってきたのでアフターレポートでも書こうと思ったのだけど、帰りに食らった「小田原~熱海間の豪雨で新幹線5時間遅れ」攻撃の前に体力を使い果たし、機を逸してしまった感じ。

 読みかけだった『文豪怪談傑作選 小川未明集 幽霊船』は行きの道中で読んでしまい、一緒に持って行ったフレドリック・ブラウン『さあ、気ちがいになりなさい』も米原、岐阜羽島で運行停止している間に読了。
 運行再開の目途が立たない間、あまりに暇なため岐阜羽島のキオスクで光文社知恵の森文庫『異界談義』を購入。
 読み始めてから気がついたけど、これってその昔、国立歴史民族博物館まで見に行った企画展「異界万華鏡─あの世・妖怪・占い─」関連の記事や対談、講演内容をまとめた本の文庫化だった。
 あの企画展やったの2001年か……もう七年もたってるんだなあ。

|

« 働き者の戦歴 | トップページ | 『関ヶ原』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/42293067

この記事へのトラックバック一覧です: 帰宅は月曜の午前6時半でした:

« 働き者の戦歴 | トップページ | 『関ヶ原』を読む »