« アメリカ北東部の闇へ | トップページ | 西欧版志怪……というには道徳的かな »

2008.07.25

レベルアップ速度:Sランク

 以前、戦国無双2の浅井長政シナリオがすばらしい夢オチっぷりだと語っていたとき、友人から勧められて借りた伊藤浩士『覇者の系譜』一~三を読了。

 信長の朝倉討伐に際して、父・久政を押さえて信長についた浅井長政を主人公とした、いわば戦国時代版架空戦記。
 文章の感じは普段読んでいる小説に比べて、いかにも架空戦記というか疑似ドキュメントっぽいところのある感じだったが、それも読みやすさと「それっぽさ」を出すのに貢献している気がする。
 印象に残ったのが、長政をきわめて良く「学ぶ」人物として描いていること。
 気力と勢いだけでほとんど無能に近かった状態の長政が、信長や新しく召し抱えた側近らの影響でどんどん時代の先端を行く名君になっていく展開が、この作品の一番のおもしろさだろう。
(「良いと思ったことをどんどん取り入れる」ってのは、実際にはかなり難しいことなんだよなあ。)
 少々「主人公補正」が強い?と思える部分もあったが(信玄との決戦の最後とか)、最初から完璧超人に作られていない分、それほど引っかからずにすんだ。

 その他の人物では、柴田勝家が前半、むやみに度量の小さい人物として描かれてるけど、これは展開上やむを得ない所か。終盤になって結構化けてくれるので、これはこれで悪くない。
 もう一人、明智光秀は、底の知れない陰謀家に描かれているのがちょっと珍しい。
 それにしても光秀ってのは作品によってキャラの違いが激しいよなあ。

 3巻通して、思った以上に楽しめた。
 勧めてくれた人に感謝。

|

« アメリカ北東部の闇へ | トップページ | 西欧版志怪……というには道徳的かな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/41968686

この記事へのトラックバック一覧です: レベルアップ速度:Sランク:

« アメリカ北東部の闇へ | トップページ | 西欧版志怪……というには道徳的かな »