« 夏らしく怖い話を読む | トップページ | アメリカ北東部の闇へ »

2008.07.14

救いがあったり、無かったり

 神保町で見つからず、Amazonで取り寄せたシオドア・スタージョン『一角獣・多角獣』を読了。
 北原尚彦氏の解説で「異色作家短編集」というシリーズ名の「異色作家」の定義について書かれていたが、なるほどSFともファンタジーともホラーともミステリとも言い切れない、独特の作品が収録されている。

 つらい落ちの話しも多く、決して「直球ど真ん中で好み」という訳ではないのだが、それでも読んでいて引き込まれる作品が揃っている。
 途中まで忘れていたが、収録作のうち「孤独の円盤」はSFM500号記念の時に読んでいた。
 あのときも、つらいけどいい話だと思ったっけ。

|

« 夏らしく怖い話を読む | トップページ | アメリカ北東部の闇へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/41836427

この記事へのトラックバック一覧です: 救いがあったり、無かったり:

« 夏らしく怖い話を読む | トップページ | アメリカ北東部の闇へ »