« 救いがあったり、無かったり | トップページ | レベルアップ速度:Sランク »

2008.07.16

アメリカ北東部の闇へ

『一角獣・多角獣』と一緒に注文していたアニオロフスキ編『ラヴクラフトの世界』を読了。
 本自体は2006年の出版だけど、つい買いそびれていた本。
 読む前に予想していたより、かなり良い感じだった。
 アメリカ北東部を舞台にした作品集、という構成からか、現代版『宇宙からの色』的な作品が多かったが、それも含めていい感じのアンソロジーだった。
 個人的には、少々アクションより過ぎるかもしれないが「コロンビア・テラスの恐怖」の主人公が気に入った。
 多分シリーズもののキャラクターだと思うが(前作への言及らしいくだりがあった)、チビ・デブ・ハゲの43歳という自分を自覚しながら、くじけずに超自然の存在相手に人助けをしようとする姿が泣ける。
 逃げてばかりの自分自身と見比べて、ちょっとかっこよすぎる。
 リン・カーターの作品は、先日読んだばかりの『エイボンの書』収録作とのリンクににやりとさせられた。
 そうか、どっかで見た名前だと思ったら、オサダゴワーって『暗黒の儀式』に出てきた名前だったか。
 その他の作品も意外と高水準。
 もちろん好みの差はあるが、全体にかなり楽しめた。

 大瀧氏の訳も言われているほど悪くない(というか、この程度ならクセが強いうちに入らない気がする)のだが、後書きで訳者がえらそうにしているのはどうかなあ。
 思わず『今日の早川さん』の岩波さんを連想してしまった(笑)。

|

« 救いがあったり、無かったり | トップページ | レベルアップ速度:Sランク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/41879205

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ北東部の闇へ:

« 救いがあったり、無かったり | トップページ | レベルアップ速度:Sランク »