« レベルアップ速度:Sランク | トップページ | 老境の旅人 »

2008.07.30

西欧版志怪……というには道徳的かな

 本屋で見つけて衝動買いした『西洋中世綺譚集成 皇帝の閑暇』を昨日のうちに読了。
 ティルベリのゲルウァシウスという、聖職者出身で世俗宮廷に使えた人物による「世界の珍しいモノ・エピソード集」的な本。
 完成は1214~1215年頃というから、日本では源平合戦~鎌倉幕府初期のころに書かれたことになる。
 結構面白いネタが詰まっているのだけど、ワクワク度が今ひとつ高まらなかったのは『山海経』あたりに慣れすぎちゃっているせいか。
 あるいはキリスト教的な教訓話が無責任に楽しむ気分を邪魔しているのか、単に中世ヨーロッパの雰囲気に慣れ親しんでいないせいか……まあ、その辺を差し引いても、結構楽しめたのは確かだ。

|

« レベルアップ速度:Sランク | トップページ | 老境の旅人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/42015886

この記事へのトラックバック一覧です: 西欧版志怪……というには道徳的かな:

« レベルアップ速度:Sランク | トップページ | 老境の旅人 »