« ついに復刊。 | トップページ | 先日、帰りの電車の中で考えたこと »

2007.11.19

これも天意か。

 学術書にジャケ買いも無いものだが、東方書店の店頭で平積みされていたカバーを見た瞬間、
「これは買わないわけにいかない」
と思ってしまった。
『戦いの神 中国古代兵学の展開』湯浅邦弘著。

 なにせ十年以上も前から黄帝・蚩尤神話に興味をもってきた人間にとって、このシンプルなカバーにあしらわれた表題と蚩尤神(と、推定されている軍神)の図像は、それだけのインパクトがあったので、小さいながらカバー写真を掲載しているジュンク堂のサイトへリンクしてみた。
(Amazonでもbk1でも、書籍情報が見つからなかった……なぜだろう。)

 開巻早々、黄帝・蚩尤神話の原形に関する先行研究の見解をまとめた一覧表が出てきた時点で、もうひしひしと来るものがある……のだが、実はこの本の着目点は、そうした神話研究の視点とはちょっと違う。
 実のところ蚩尤について書かれているのは三部構成の第一部だけであり、この本を全体のテーマとなっているのは「兵法」と「天道」の関係、そしてそれを関連づける呪術的兵法=兵陰陽の歴史なのだ。

 戦争の意味を「天道」に求めるために、「兵器の発明者」「戦争の神」という古来からの神話を否定されてしまう蚩尤。

 法家も、道家も、そして儒家ですらも戦争の必然性を「天道」の法則性に求めて論じていた漢代の人々。

 戦国時代末(B.C.3世紀)には既に兵法書の中で徹底批判されていながら、「兵士たちの士気を高める方便」として存在を認められ、やがて兵法の百科全書化にともなって兵法書の一角に取り込まれて行く「兵陰陽」=呪術的兵法。

 この本を読了して感じたのが、中国の文化における「天道」への依存の大きさと、宋代以降に顕著になる、中華意識と学問の博物学化だ。

 かなり手応えのある本だが、『孫子』『呉子』『三略』『六韜』と言った兵法書を読んだことがあったり、中国兵法の歴史に興味のある人はチャレンジして見ると面白いと思う。

 強いて問題点を上げるとすれば、税抜きで7,500円という値段くらいか。
 ……学術書だから仕方ないんだけどね。
 東方書店でカード払いなんて、初めてしたよ。

|

« ついに復刊。 | トップページ | 先日、帰りの電車の中で考えたこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/17122852

この記事へのトラックバック一覧です: これも天意か。:

« ついに復刊。 | トップページ | 先日、帰りの電車の中で考えたこと »