« ゆっくりと味わう  ─『和漢朗詠集』 | トップページ | ついに復刊。 »

2007.06.28

本日の衝動買い

 知切光歳『天狗孝 上巻』(下巻は未刊、とのこと)を読んで平安末~源平争乱期の天狗の活躍に思いをはせた勢いで、『保元物語』『平治物語』の一気読みをはじめた。
(じつはそれほど古文が得意なわけでもないので、たまにわからない語句が出てくると読み飛ばしてたりするのだが……(^^;)。)

 いい感じに内容を忘れてたせいもあって面白く読んでいるのだけれど、天皇家や源平の武士たちはともかく、出てくる公家がほぼ全て藤原氏なのでいまいち登場人物の関係がつかみにくい……と思っていた所に、仕事場近くの古本屋で講談社学術文庫の日置正一『日本系譜総覧』を発見。
 昼休みから定時までは我慢してみたのだが、「『迷ったら買いだ』モード」が発動してしまって結局購入。

 肝心の藤原氏については系図にしても複雑で追っかけてくのが大変なのだが(笑)、巻末の「国史重要事項一覧」がなかなか面白くて、十分元はとった気分。

 平治の乱の時、二条天皇と一つ牛車に乗って脱出した中宮は、二条帝の祖父・鳥羽院の娘で、二条帝には叔母にあたる人でもあった、なんてのは、なかなかトリビアルで面白い。

|

« ゆっくりと味わう  ─『和漢朗詠集』 | トップページ | ついに復刊。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/15586420

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の衝動買い:

» オニキス・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま) [オニキス]
八尺瓊勾玉は八咫鏡・天皇家に伝わる天叢雲剣と共に三種の神器の一つです。 大きな玉というのではなく、長い緒に繋いだ勾玉という意味らしい。「さか」は尺の字が宛てられているが本来は上代の長さの単位の咫(あた)のことである。ただし、ここでいう「八尺」(八咫)は文字通りの8咫(約1.4メートル)ではなく、通常よりも長いという意味のようであり、「弥栄」(いやさか)が転じてヤサカになったとの説もあります。「瓊」は赤色... [続きを読む]

受信: 2007.06.29 08:53

« ゆっくりと味わう  ─『和漢朗詠集』 | トップページ | ついに復刊。 »