« 地の底より這い上る恐怖 | トップページ | 石川賢氏、急逝 »

2006.11.02

白川静氏、逝く

 白川静氏の死去は、今朝のTVニュースで知った。

 白川静氏というと、最大の業績は『字統』『字訓』『字通』の字書三部作、と言われている。
 自分もかなり以前に思い切って購入した『字統』を持っているが、個人的には白川氏の著作と言うと『中国の神話』の印象が何よりも強い。

『中国の神話』を初めて読んだのは、おそらく1998年ごろ。
 自分のサイトに「三皇五帝関連人物リスト」のページを作った前後の頃だった。
 甲骨文字の巫祝的な意味を説き、舜のような古帝王の起源を殷代の神々にさかのぼって考察する内容は、今にして思えば「神話が作られて行く歴史」をはっきり意識するようになった最初だったように思う。
 邦訳された古典の内容をなぞるだけだった当時の自分にとって、ほんのわずかながら「もう一歩」を踏み出すきっかけを作ってくれたのが白川静氏の『中国の神話』だった。

 自分でもいろいろ調べるようになって、白川氏の説に「全面的に同意する」とまでは言えなくなってきているが、それでも白川氏の著作から受けた影響は、今も自分の中で大きな位置を占めている。

 御冥福をお祈りします。

|

« 地の底より這い上る恐怖 | トップページ | 石川賢氏、急逝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/12530195

この記事へのトラックバック一覧です: 白川静氏、逝く:

« 地の底より這い上る恐怖 | トップページ | 石川賢氏、急逝 »