« 古書市の発掘品 | トップページ | 実は初体験 »

2006.04.29

紀元前4世紀の環境破壊

今年の春は黄砂がひどかったそうで、中国の環境破壊の影響が取りざたされていたから……というわけではなく、たまたま「通勤の供に重量の軽い本を」という理由で(^^;)浅野裕一『古代中国の文明観』を読む。

 諸子百家が活躍した春秋戦国時代というのは、同時に人口増加によって環境破壊が進んだ時代でもあった。
 殷のころには森林に覆われゾウが暮らしていた黄河流域は、この頃になると農地の開墾や建材・燃料のための伐採によってほとんどの森林が失われてしまったのだ。
 そんな中で活動した諸子百家の中から、とくに儒家・墨家・道家が自然と人間の関りについてどんな意見を展開したか──というのがこの本の骨子。

 一向に墨子の理想を理解しない弟子たちに苦労していた墨家教団が、大国の侵略から小国を守るための戦闘集団が中心となることで鉅子(教団リーダー)の命令一下、死をも辞さない鉄壁の団結を誇るようになっていく展開や、道家の源流が天体の運行を「気」によって説明する史官(天文官)を源流にもつことの説明はわかりやすく、また近年になって見つかった木簡資料を紹介したりしていて非常に面白かった。

ただ、儒家の解説についてはいくつか気になる点も見つかる。

  • 儒家の意見の代表として上げられている荀子は本人こそ一応儒家とされているが、その弟子の李斯と韓非は秦の統一を支えた法家の大成者であり、実質的に法家につながる人物であること

  • 春秋戦国の環境破壊では必ずといっていいほど触れられる『孟子』の牛山の森林破壊に一言も触れられていないこと

  • 儒家は「身分の高い者が贅沢することを積極的に肯定した」という論調で書かれているが、儒家が肯定したのは「身分相応のぜいたく」であって、その範囲を越えたぜいたくは激しく非難したこと
    (たとえば『論語』八佾篇、諸侯どころかその陪臣に過ぎない季氏が周王と同格の舞い手64人を用意して祭祀を行った時、孔子は「こんなことに我慢できるくらいなら、この世に我慢できないことなんか無い」と激怒した)



などなど、ちょっと見方が一面的過ぎるんじゃないの、という感じなのだ。

 一般向けの本なので単純化した所もあるだろうけど、この著者、どういうわけか儒家に対して何か個人的に恨みでもあるんじゃないかと思えるほど露骨に悪意をもった書き方をしており、そのせいでこの本に書かれた儒家の意見自体が著者に「作られた」虚像のように感じられてしまうのはちょっと問題だと思う。

 確かに、儒家が自然破壊に鈍感、というか重要視していなかったことは事実(『孟子』の牛山の森林破壊だって、それが「都市の近くにあったから」ですまされちゃって文明批判になってないのは確かだ)なんだから、もうちょっとそっちから説明した方が説得力があったんじゃないだろうか。

他のところがいい感じの本なだけに、悪いというより残念な本だった。

|

« 古書市の発掘品 | トップページ | 実は初体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/9816088

この記事へのトラックバック一覧です: 紀元前4世紀の環境破壊:

« 古書市の発掘品 | トップページ | 実は初体験 »