« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.09

美に負ける快楽

 池袋リブロで表紙の見える状態で並べられていたのが運のつき、いきなりぴんと来てしまって谷崎潤一郎『人魚の嘆き・魔術師』を購入、帰りの電車で心地よく読了。

 谷崎潤一郎のように「純文学」(括弧つきなのは本当の純文学というより、この単語に一般人が持つイメージの方を問題にしたいからだ)というレッテルで語られる作品はどうしても敬遠されがちだが、実は、
「純文学の文脈より幻想文学読みの方が、はるかに的確かつ面白く読めるのではないか」
という作品が結構あったりする。

 この『人魚の嘆き・魔術師』も、ロード・ダンセイニや稲垣足穂(こちらは河出文庫『ヰタ・マキニカリスI』しか読んでないのだが)、澁澤龍彦の小説などを好きな人こそ楽しめる本だと思う。

 ありとあらゆる放蕩に飽き、若き日が過ぎ行くのをむなしく見送る清朝の貴公子の心を奪う人魚。
 また、歓楽と猥雑をきわめた公園の一角に無気味な小屋を掛けて人の心を奪う美貌の魔術師。
 大正八年に書かれたとはとても思えない水島爾保布の挿絵(リンク先で中公文庫版で省略されたカラー口絵が見られます)と相まって、文字どおり耽美な幻想の世界に浸ることができる。
 江戸川乱歩が「憑かれたる如く愛読した」というのも非常に納得できる本だ。

 文庫巻末の解説者はしきりと現代的でない、古臭いと言っているが、あまりそんな感じはしない。
 いや、確かに古風ではあるし漢語(といっても漢文というより二字熟語の形容)がちりばめられた文章は読み慣れてないと辛そうだが、ダンセイニ卿やC.A.スミスあたりが好きだという自分のような人間にとっては、この文章がかなり心地よい。
 なんというか、黄金や宝玉で飾られた発掘品を博物館で鑑賞しているときのような快感がある。
 そういえば、夢枕獏が時折、こういう文体を利用して作品を書いていたような。

 谷崎潤一郎の作品はあまり読んでいないのだけど、昔読んだ『陰翳礼讃』での、偏屈じいさんの役を嬉々として演じているような語り口はかなり面白かったなあ。
 欧米人の前歯をむき出した笑い方をトイレのタイルみたいだと言い出すなんて、なかなか出来る技じゃない(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.07

冒険小説としてのSF

 『海竜めざめる』に続く「古本屋に並んでた古いハヤカワ文庫」第2段。
 ジェイムズ・H・シュミッツ『悪鬼の種族』を読了。

 若い女性が全篇のほとんどを水着姿で走り回る話……という説明から受ける印象とは、物語は大幅に食い違った展開を見せる。
 主人公はナイル・エットランド。職業は生物学者。
 といっても大学の教授というわけではない。製薬会社の研究員として、故郷である植民惑星ナンディ=クラインにある浮標木(フロートウッド)の森で標本採取などの調査・研究に携わっている。
 なんで彼女が水着姿なのかといえば、海の上に直接絡み合った樹木や葦が生えていて、移動の半分が水中になる浮標木の森で活動するための服装なのだ。

 そんな彼女の大学時代の恩師、ティコス・ケイは、自らの研究のために浮標木の森で隠者のような生活を送っていたが、ある日ぱったり連絡が取れなくなってしまう。
 数十年前「ハブ連邦」と呼ばれる人類植民地への侵略に失敗し、故郷の星域へ撤退していた両棲人類・パラファン族がひそかに先遣隊を送り込み、ティコス・ケイはその捕虜になってしまったのだ。
 彼はパラファン族の誤解を利用して、なんとか彼らの全面侵攻を思いとどまらせようと一世一代の嘘をつく。
 かくして彼を探しに来たナイルは、ティコス・ケイがでっち上げた超人類の一員として、パラファン族を相手に浮標木を駆け回る羽目になるのだ。

 UW銃や偏重力登攀ベルト、グリップサンダル、ジェット潜水具といったガジェットの数々、ミュータント・カワウソの相棒(これがまた良いキャラクターなんだ)、チャクティオールやウミヘイヴァルといった異星生物の生態系、そして階級によって体のサイズまで違う(階級が高いほど、体が小さく、かつ強靭なのだ!)両生類のパラファン族。
 こう並べると、なんだか久しぶりに感じるわくわく感がある。
 古典的スペースオペラ(これも好きなんだが)ほど古臭くはないけれど、ちょっと懐かしい「冒険アクションとしてのSF」を堪能させてくれる作品だった。

 なお、手元に有るのは初版本のようだが、扉前のページにはカバー/口絵/挿絵が「深井国」氏と書かれている。
 しかし、カバーにはイラストが「佐藤道明」氏となっているし、口絵・挿絵もどう見ても深井国氏のイラストじゃない。
 ざっとぐぐってみたがカバー/口絵/挿絵が佐藤道明氏、とされているだけで、この辺の誤植についての記事が見当たらなかった。覚え書き代わりにここに書いておく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »