« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005.10.15

今だからこその恐怖

 仕事場近くの古本屋に、古いハヤカワ文庫がまとめて入荷していた。
 その中に以前から読んでみたいと思っていたジョン・ウィンダム『海竜めざめる』を発見、早速読んでみた。

 映画に合わせて話題にしたウェルズの『宇宙戦争』以来、異星人の地球侵略を題材にしたSFは多い。
 この物語も、冒頭、新婚旅行中のジャーナリスト夫婦が、船の上から空をよぎるいくつもの火の玉を目撃するところから始まる。
 だが、ここで「異星からの侵略者が、人類側の軍隊と派手にドンパチやる話」を想像した人は、その常識を根底から覆してもらえるだろう。

 世界中で目撃された「火の玉」は、いくつかは軍隊によって撃墜されたりもしたものの、その後も続々と飛来し続ける。
 そんな事件が起こったら世界中が騒然とする……かと思いきや、世間では「ちょっと変わった話題」としか扱われない。
 なぜなら、それらの火の玉は、全てが海中、それも深海へと消えてしまったからだ。

 やがて深海調査艇が、次にその母船が、やがては軍艦や客船といった普通の船が次々と遭難し始める。
 そして気がつくと、人類がまともに相手の姿を見もしないうちに地球の広大な範囲──海が支配されてしまっていたのだ。

 これは怖い話だ。
 いや、何も見た目で怖いシーンがたくさん出るわけではない(もちろん少しはあるけど)。
 この話は「状況」が怖いのだ。

 たとえ全ての海上交通が遮断され、深刻な経済危機に見舞われても、「侵略されている」という危機感をどうしても持ちきれない一般市民。
 決して無為無策というわけでもないのだが、根本的な解決策を見いだせないまま、目先の問題への対処療法に効果があっただけで安心してしまう人々。
 そうして、気がつけばずるずると破滅的な事態に陥ってしまう……。
 この状況、今の時代に生きる我々にとって、妙にリアリティのある怖さがあるのではないだろうか。

 この作品が成功した理由、それは侵略され、支配される場所に「海」を選んだことだろう。
 もしも何物かに支配されたのが陸地(たとえば北海道とか、九州とか、関東一円とか)であったなら、人々はすぐに反応するだろう。
 たとえそれがもっと小さな無人島ひとつであったとしても、目に見える「土地」を占領されたなら、政府が戒厳令を出すと言いだしてもすぐに納得するだろう。
 だが、それが海だったら?

 人は「姿の見えないもの」に対して危機感を持つのはなかなか難しい。
 今の我々は、地球の総面積の三分の二を支配されたことより船舶関連株の暴落を気にしていた人々を笑えるだろうか。

 この本の原著が書かれたのは、なんと1953年。
 半世紀以上前に書かれているというのに、内容が全く古びていないのだ。
 確かにソ連は出てくるし、潜水艇の深度到達記録も当時とは段違いなのだが、それも読んでいるときは全く気にならない。
 ソ連をどこかの適当な国(語り手のいるイギリスに情報の伝わりにくい国ならどこでもよい)に替え、会話に出てくる深海探査の話題をちょっといじりさえすれば、それだけで現代を舞台にしても全く違和感のない話になるのは驚きだ。

 訳者はショート・ショートの大家として有名な星新一で、読みやすく雰囲気もいい名訳である。

 この作品、長らく入手困難というのが本当に惜しい。
 本当に今だからこそ薦めたい本だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.11

張飛が刺繍をさせられた

 ……入蜀を前に諸葛孔明から命じられたそうで、この経験のおかげで「気を静め心を落ち着けて行動する」事を覚えた張飛は、蜀の名将・厳顔を降伏させて大功を立てることができたのだそうだ。

 先日、池袋ジュンク堂の自由価格本コーナーで見つけた掘り出し物が殷占堂・著、施勝辰・画『三国志 中国伝説の中の英傑』という本。
 三国志関連の本はそれこそ数え切れないほど出ているが、この本に収録されているのは民間伝承の中の三国志。
 日本にも「弘法大師が杖を刺したら根が生えて大樹になった」とか「秀吉の母は太陽が腹の中に入る夢を見て日吉丸を産んだ」とかいう伝説があるが、いわばその三国志版である。

 たとえば。

 民を救うために、玉帝(天帝)の命に背いて雨を降らせて処刑された竜王の血を汲み置いていたところ、中から血色のよい子供が飛び出した。これが後の関羽である、とか……。

 一丈八尺の大蛇が道行く人を襲うので、張飛が退治に行ったとき、襲ってきた大蛇に噛みつかれないように尻尾を持って振り回しながら走っていたら、気がつくと大蛇が長大な矛に変わっていた。これが張飛の「丈八の蛇矛」である、とか……。

 諸葛孔明が黄婉貞(これが民間伝承で伝わっている奥さんの名前なのだ)嬢と結婚する時に新婦が出した「輿にも馬にも船にも乗らず、もちろん歩きもしないで嫁入りする」という無理難題に答えて孔明が作ったのが、あの木牛流馬である、とか……。

 民間伝承だけに相互に矛盾する話もいっぱいあって、呂布が討ち取られたときには
「関羽が貂蝉を逃がしてやった」
「劉備や張飛が色香に迷わないように、関羽が貂蝉を斬った」
 なんて二通りのバージョンが伝わってたりする。

 他にも神仙譚風なのからちょっといい話やらことわざ風教訓話やら、いろんな伝承が全93話、全てに味のある挿絵付きで収録されている。

 なにせ自分もバーゲン本で手に入れたくらいなのでえらそうなことは言えないが、三国志の登場人物たちのエピソードに興味のある人には、かなりお勧めできる本だ。

 ちなみに個人的に読んでて笑えたのは、
「羅貫中(『三國志演義』の作者)が曹操の保護下にあった劉備の二婦人と関羽の艶っぽいシーンを書こうとしたら「それはやめてくれ」と関羽本人の霊がクレームをつけに来た」という話(笑)。
 それなら、他にもクレームつけたがる人たちは一杯いそうなんだがなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.09

やっとたどり着きました

 中国神話伝説関係のサイトなんぞを持っていながら、最近まで『西遊記』を通して読んだ記憶があまりなかった。
 もちろん子供向けの編訳本はいくつも読んだし、かなり以前に中国古典文学大系のやつを読んだ記憶もあるのだが、実は結構重要なエピソードの記憶が曖昧になってたりしていたのだ。

 で、以前から岩波文庫の『西遊記』に挑戦していたのだが……必ず4巻で挫折する。
 実は前に出ていたバージョンの『西遊記』は三巻まで来たところで訳者の方が亡くなってしまい、4巻以降は中野美代子氏が翻訳しているのだ。
 いや、中野氏の翻訳が悪いわけではない。
 翻訳のギャップが激しすぎたのだ。
 三巻までを訳した小野忍氏は、いわゆる講談調というか、漢詩部分などをいかにも書き下し文風に翻訳していたのだが、中野氏の翻訳は「元が庶民向けの口承文芸なのだから」とばかり、思い切り口語訳してあるのだ。
 これはちょっとギャップが激しすぎる。
 また四巻の前半は孫悟空が誤解から破門されるちょっとつらいエピソードだったせいもあって、何度挑戦しても四巻を超えることができなかったのだ。

 そんなこんなで10年以上放置していたのだが、昨年になって状況が変わった。
 十巻までの翻訳を終えた中野美代子氏が、一巻から通しての改訳を刊行しはじめたのだ。

「あのギャップさえなければ読めるだろう」と再挑戦を決意。案の定、最初から通して同じノリの翻訳なら特に引っかかることもなく、ついに全十巻を読み終えた。

 日本の西遊記研究といえば必ず名前の上がる中野美代子氏の訳だけあって、注釈も読みやすく充実している。
 この訳注だが、中野美代子氏がかねてから主張している「明刊本全百回の配列には明確な意図がある」という説に従って書かれている。
 この説に興味のある人は、是非とも読んで確かめて頂きたい。
 自分は……百回本を編集した人間が、エピソードの配列決めるときに考慮したのかもしれない、と思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »