« 時の力の恐ろしさ | トップページ | やっとたどり着きました »

2005.09.10

帝都のディー判事

 読み終わったのは先月だけど、色々あって感想書いてなかったのであらためて。

『柳園の壺』では、疫病により朝廷が疎開した後の都で、日照りと食糧不足に悩まされる中で唐王朝建国以前からの「旧家」を次々と襲った怪事件がメインのストーリーとなる。
 だが、シリーズの読者にとってストーリーと同じくらい興味深いのは、出世したレギュラー陣の姿だ。

 とうとうディー判事は県知事(知事は判事を兼任する、念のため)ではなくなり、帝都の大理寺丞(中央裁判所長官)に抜擢されている。
 しかもしかも朝廷が猛威をふるう疫病を逃れて疎開中のため、都の留守役まで兼任しているのだ。
 側近の陶侃(タオ・ガン)がそのまま大理寺秘書長官なのはまだしも、荒事担当だった馬栄(マー・ロン)、喬泰(チャオ・タイ)の二人は、なんと近衛大佐にまで出世していた。
(もっとも、やってることは以前とあまり変わらないのだが。)
 悲しいことに忠実な老洪(ホン)警部は既に亡くなっているらしい。物語の中とは言え、時の流れを感じさせる話だった。
 それにしても、最後に馬栄の兄貴が……いや、これは次回刊行予定の『Murder in Canton』(作品内時系列でも次の話)まで保留にしておこう。

 古典推理ものとしてもいい感じにまとまっていて楽しめた。シリーズのファンには安心して読める作品。

|

« 時の力の恐ろしさ | トップページ | やっとたどり着きました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/5877420

この記事へのトラックバック一覧です: 帝都のディー判事:

« 時の力の恐ろしさ | トップページ | やっとたどり着きました »