« や、痩せたねえ | トップページ | SF大会参加記(2日目) »

2005.07.16

SF大会参加記(1日目)

第44回日本SF大会 HAMACON2
 朝、予定より30分遅れで起床。
 とはいえ、時間にはかなり余裕を見てあるので大丈夫だろう。
 およそ5年ぶりにSF大会専用アロハシャツ(初めて参加した年に買った、キッチュな日本絵柄になぜか落書き風ロケット&ロボットの混じったアロハ。某旅行会社のものにあらず)に袖を通す。
 特に支障なく現地へ。
 着いてびっくり、意外と長い行列が。受付の段階で、もうなつかしい人たちと何人か再会する。
 ああ、SF大会に来たなあ、と実感。
 受付を済ませて、個人的に最初の企画である献血(笑)に行く。
 約15年ぶりの献血で、400cc抜いてもらう。
 ……予想以上に待ち時間が長く、オープニングアニメを見逃す。

 最初に参加した企画は「机上理論学会発表会」。オープニングもそうだが、手際が悪くてごたごたしても全く気にならないってのはなぜだろう(^^;)。
 発表も徐々に盛り上がって、花咲じいさんの意外な正体については大ウケ(笑)。
 献血後に「水分を補給しろ」といわれてがぶ飲みしたせいで自然に呼ばれて最後のネタをきかずに退出してしまったが、最後まできいた人によるとアンパンマンについてのかなり笑える考察だったそうだ。

 休み時間にコンビニへ買い出しに行き、カロリーメイトで昼食を済ませる。
 仕事場でも昼休みに食べ損ねたりするとたまにやるのでこれで十分。

 2つ目の企画は「SF寄席~原始怪物ガニラvs蠅男」。紙芝居「原始怪物ガニラ」と海野十三の怪奇探偵小説(?)を講談師・旭堂南湖さんが熱演。
 身も蓋もなくわかりやすい(笑)原始怪物ガニラも面白かったが、蠅男の話を聞いてるうちに「あれ、これ知ってるぞ」と記憶がよみがえった。
 小学生の頃、図書館で謎の密室殺人が始まるところまで読んでそのままになってしまった話だった。
 ○十年ぶりに結末を知ることが出来たが、こんなすげー話だったのか(^^;)。

 休み時間にディーラーズルームを見て回る。
 シール企画、作っていけば良かったな。次の機会には忘れないようにしよう。
 吉例の手ぬぐいと、と学会誌を購入。
 正式版のタイムテーブルが手に入らない……今年の暗黒星雲賞その他部門は確定っぽいな。

 本日最後の企画は「ファンタジー茶話」
 映画をネタにしたトークショウ。ひかわ玲子さんと小谷真理さんが本当に楽しそうに語る。
 特に小谷真理さんは飛ばす飛ばす(笑)。
 とりあえず『クイーン&ウォーリアー』の序盤を見ることが出来たのは一生の思い出になるかもしれない(^^;)。

 1日目の企画終了後、友人たちと食事へ。
 久しぶりに思い切り語って大満足。
 当初は泊まりも考えていたけど、終電までかなり余裕があるので素直に帰宅。
 というところでまた明日。


注)この記事はとりあえず記憶の薄れないうちにと帰ってきてすぐに書き殴ったものです。
  後日、いろいろ修正が入るかもしれません。

|

« や、痩せたねえ | トップページ | SF大会参加記(2日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/4999001

この記事へのトラックバック一覧です: SF大会参加記(1日目):

« や、痩せたねえ | トップページ | SF大会参加記(2日目) »