« SF大会参加記(1日目) | トップページ | 夏らしい話(?) »

2005.07.17

SF大会参加記(2日目)

 朝、TVをつけたらちょうどやっていたので、初めて響鬼を見る。
 支度しながらだったのでざっと見た程度だが、今日の話はオーソドックスな成長話で好感が持てた。
 何より、最近には珍しく主人公が「導く側」の役なのがいい。
 昔のライダーって「お兄さん」な存在だったよなあ。

 行く途中の電車の中でハリーポッターの原書を読んでいる人がいたが、ふと見ると見覚えのある布袋を下げていた(笑)。
 みんな向かっているのだな。

 今日最初に参加したのは「長谷川裕一の特撮SF解釈講座-すごい科学で守ります!」。
 以前は人が一杯で参加できなかったが、今年は小ホールだったので参加。
 戦隊モノを全然見てなくても、長谷川裕一氏はじめパネラー陣の話芸(笑)で十分楽しめた。
 今年の目玉(?)だったゴジラの考察もお見事。
 耳の有無と足の爪の本数で「逆襲ゴジ:キンゴジ別個体説」を説明してくれたのはさすが長谷川氏。
 10~11月頃には「すごかが」の新刊が出るそうなので期待しよう(笑)。

 休み時間に、前日はセットが売り切れていた2Fのティールームで昼食。
 内容の割に若干高めだったが味はまあまあ。場所を考えれば十分許容範囲か。

 2つ目の企画は「指輪物語トンデモ本の世界」。
 ちょっとトンデモな本の紹介数が少なかったのが残念。
「と学会の許可を取らずに企画申請したので、ディーラーズルームで挨拶してきました」とのことで、途中から山本宏氏が様子を見に来ていた(笑)。
 山本氏が来た頃には用意してたアレな本の話はおわっちゃってましたが。
 まあ、濃い話が聞けたのでOK。

 合間に「そういえば見てなかったな」とアートショーを見に行く。
 メインに飾られていた金森 達氏のカバーアートは、やや荒い筆致なのにリアルな人物(スタートレックのノベライズの表紙とか、出演者そっくり)が非常に印象に残る人だ。
 さすがに複製画の発注までは至らなかったが……って、飾る壁面ないし(^^;)。
 もう一つ忘れていたマッドサイエンティストカフェにも行く。
 わざわざイスを出してもらったりしたのに、一杯飲んでちゃんと挨拶もせずに引き上げちゃってすみません<(__)>。カクテル「ケイオス」、結構美味しかったです(^^;)。

 3つ目の企画は「前田建設ファンタジー営業部」。
 さすが本職、プロジェクターで映すプレゼンソフトの出来が他の企画より格段に完成度が高い(笑)。
 メインはサイトで紹介している999発車高架橋の解説だったが、いろいろ興味深い周辺事情の解説などが語られて面白かった。
 最初の挨拶の時に「こういう壇上に上がるときは「圏央道貫通絶対反対!」とかの垂れ幕が並んでるような事が多くて、こんなフレンドリーな雰囲気でやるのになれてなくて緊張してます」と言っていたのには妙に納得(笑)。

 最後の各賞授賞式~クロージング……ジェンダー大賞の授賞式、アレでいいのか(笑)。まあ、当事者の人たちが楽しそうだったのでいいんだろうな(笑)。
 暗黒星雲賞、タイムテーブルがその他部門のみならず企画部門と2冠を達成
 野田元帥、今日もとばしてましたが(笑)楽しそうだったので何より。
 元帥が楽しそうにしてると「ああ、SF大会続いてて良かったな」という気分になるのが不思議。
 結構ぐだぐだな所があってもあんまり心配せずに見れたのは、参加者が場慣れしてる安心感なのかもしれない、と思ったり。
 何はともあれ、お疲れ様でした>運営陣&ゲストの方々。

 終了後、花火大会の人出で大混雑の中、今日も友人たちと会食。
 久しぶりなんで好きな本の話とか語りまくってしまってすみませんでした(^^;)>関係者。

 今年の大会のレポートは以上。
 個人的には、申し込み費用分は楽しめたので満足かな。

注)この記事はとりあえず記憶の薄れないうちにと帰ってきてすぐに書き殴ったものです。
  後日、いろいろ修正が入るかもしれません。

|

« SF大会参加記(1日目) | トップページ | 夏らしい話(?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/5011623

この記事へのトラックバック一覧です: SF大会参加記(2日目):

» 『指輪物語』関連のトンデモ本 [ホビットの読んだ本]
狂仙アルさまの http://kyousen.tea-nifty.com/note/2005/07/post_46b6.html へのトラックバックです。  SF大会での企画においでいただきありがとうございます。  そうなんです。間違いは沢山あっても、笑えるネタは見つけるのが大変でした。  山本弘さんは偉大で... [続きを読む]

受信: 2005.07.20 00:10

« SF大会参加記(1日目) | トップページ | 夏らしい話(?) »