« 働くディー判事 | トップページ | 最長不更新記録 »

2005.02.18

水底に残る龍の足跡

 これは2月頭には読み終わっていた本なのだが、感想を書いていなかったので。

 小学生のころ、学校の図書室にマンガ絵の挿絵をつけた推理名作シリーズというのが収められていたのだが、その中の一冊に「ドラゴン館の怪事件」(←記憶あいまい)というタイトルの作品があった。
 古い館で殺人事件が起きるが、まるで伝説のドラゴンが犯人であるかのような痕跡が……という、怪獣好きの小学生にはたまらない作品だった(笑)。
 もちろん推理小説なので、ちゃんと合理的なオチが付くのだが。

 その後、一度大人向けの訳で読んでみたいと思っていたのだが、最近になってようやく著者名と創元推理文庫に収録されていることが判明。
 再版されてからも結構年数が経っているのでてっきり入手困難かと思っていたら、書泉ブックタワーで普通に売っていた。
 ……ということで、ヴァン・ダイン『ドラゴン殺人事件』を読了。

 奇妙な失踪事件がいろんな要素の絡み合いにより、伝説のドラゴンの仕業を思わせる殺人事件になっていくのが面白い。
 主要登場人物の一人として出てくる、インディアンの血をひく青年・リーランドのキャラクターがなかなかいい感じ。
 細部も最後もすっかり忘れていたが、おかげでかなり楽しめた。
 古き良き探偵小説の香気たっぷりな作品でした。

|

« 働くディー判事 | トップページ | 最長不更新記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/2988607

この記事へのトラックバック一覧です: 水底に残る龍の足跡:

« 働くディー判事 | トップページ | 最長不更新記録 »