« 京ぽん導入 | トップページ | 来年もよろしく。 »

2004.12.31

燃える王者の戦い

 年末年始はのんびり過ごそうと思ってたのだが、気がつくといろいろ予定が立て込んで、先送りすると行きたいところへもいけなくなる……ということで、何を血迷ったのか大雪の大晦日に『ゴジラ FINAL WARS』を見に行った。
まあ最後だって言うし、今年はハム太郎と併映でもないしね(^^;)。

 ガンダムの洗礼を受けた我々の世代は、「怪獣」に対しても生物的なリアリティ(というか、劇中でのこじつけ)を期待してしまいがちだし、だからこそ平成ガメラがあれだけ評価されたのだが、この映画からは
「リアリティなんてどうでもいいじゃん、か っ こ よ け れ ば 。
 という作り手の気合いが聞こえてきそうな気がする(笑)。

 冒頭からアニメ、というよりTVマンガ(!)と言いたいノリの展開を、しかもきっちり手を抜かずにやってみせることで「怪獣達がかっこよければ良し」な展開にして見せたのは見事。
 出てくる怪獣もアンギラスは当然として、ラドンにキングシーサーに……って、全部昭和ゴジラシリーズに出てきた怪獣じゃん。
 ビオランテはおろかメガギラスも出てこず、ジラ(例のイグアナ君)をのぞけば全て昭和ゴジラシリーズのメンバーがそろっている。
 そう、これは平成ガメラやハリウッドモンスター映画への対抗作品ではなく昭和ゴジラシリーズを、今の技術と演出で、全力を挙げてリメイクしてみせた作品なのだ。
 いや、見事に予想を裏切って面白かった。
 まさか、あんなミ○ラが出てきても腹が立たずに楽しめる映画が作られるとは思わなかった(^^;)。
 ……それにしてもキングシーサーはともかく、クモンガにカマキラスってのは、キャスティングねらいすぎ(笑)。

P.S.
上映が始まる前にパンフレットを広げていたら、隣の席の小学生が興味津々でのぞき込んできた。
 こちらが気がついた動きをすると小声で「すみません」と言ってかしこまるのだが、ページをめくるとまた目が吸い寄せられてしまうらしい。
 なぜか、これが全くウザく無かった(笑)。
 …………20年後、期待してるぞ、少年。

|

« 京ぽん導入 | トップページ | 来年もよろしく。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/2429309

この記事へのトラックバック一覧です: 燃える王者の戦い:

« 京ぽん導入 | トップページ | 来年もよろしく。 »