« 取りあえず生存証明 | トップページ | ここ一ヶ月ほどで読んだ本 »

2004.07.17

「テケリ・リ!」の声

「テケリ・リ!」という単語(?)を知っている日本人の大半は(自分も含めて)これをラヴクラフトに結びつけて記憶しているだろう。
 しかしこの奇怪な単語はラヴクラフト本人も『狂気の山脈にて』で明記しているとおり、エドガー・アラン・ポー『ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語』という、長い名前の小説に出てきたのが元祖である。

 ……ということで、元祖「テケリ・リ!」を読むべく、創元推理文庫『ポオ小説全集II』を購入。
『~アーサー・ゴードン・ピムの物語』は、意外と言うかいかにもと言うか、前半7割くらいが王道の海洋冒険小説となっている。
 反乱や遭難と言った過酷な状況にさらされた主人公の冒険は、それだけでも十分小説として成り立っているが、最後の方で舞台が当時未踏領域であった南極圏に入るにつれ、なるほどラヴクラフトが好きそうな雰囲気が漂ってくる。

『ジューリアス・ロドマンの日記』は史上初めてロッキー山脈を横断した白人男性の残した日記という設定の小説だが、残念ながらロッキー山脈を乗り越えるところまで書かれておらず、未完に終わっているようだ。
 最後まで書かれていたら、『~アーサー・ゴードン・ピムの物語』のように名状しがたいクライマックスになってたのかも……と思うと、少し残念。

 他に収録されていた短編もそこそこ面白かった。
 今までは『モルグ街の殺人』とか『黄金虫』くらいしか読んだことがなかったけれど、そのうちポオの他の作品も読んでみよう。

|

« 取りあえず生存証明 | トップページ | ここ一ヶ月ほどで読んだ本 »

コメント

ポーなら、青空文庫にいくつか翻訳があがってますよ。
見に行かれたらどうでしょう。

投稿: ABYSS | 2004.07.20 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/993723

この記事へのトラックバック一覧です: 「テケリ・リ!」の声:

« 取りあえず生存証明 | トップページ | ここ一ヶ月ほどで読んだ本 »