« 定番の面白さ | トップページ | 微調整してみる »

2004.06.18

SAV、再臨。

 今日、秋葉原の近くに出る用事があったので、帰りがけに久しぶりに秋葉原を見て回ってきた。
 久しぶりに入ったゲーセンで、「4」を発見。
 久しぶりだなー、ほぼ一年ぶりにやってみるかなー、と思って振り向いたところにそれはあった。

 これは。
 このデモで戦っているテムジンは。
 初 代 機 で は な い か 。

 ……秋葉にあるとは聞いていたが、予想以上に状態のいいOMGを発見(燃)。
 人として、これをやらずに帰るわけにはいかない。

 もちろん、使用機種はベルグドルである。
 ベルグドルであれば、当然の如くサンドイエローの2Pカラーなのは常識である。

 おお、作業員が敬礼して見送る発進シーン、懐かしいなあ。
 それにしても、ほとんど操作を忘れてるな。
 とりあえずナパーム>前ダッシュミサイルの連携でCPU相手に勝ち進む。
 何度か操作ミスでやられたものの、3本先取だったおかげで順当にボスへ。
 しかし、ここで問題発生。
 大抵、アクションゲームのボス戦というのは「いかにパターンを覚えるか」で勝敗の8割が決まる。
 ボルオプト……もとい、ジグラット戦のパターンなんて、もう覚えてないよ(爆)。

 かつてはノーダメージクリアもしょっちゅうだったのに、硬直キャンセルのタイミング忘れててダメージ喰らいまくり。
 あえなく敗退してコンティニュー。あ、この宇宙面での発進シーンで漂ってる作業員、危ないよな……って、それはおいといて。
 コンティニューしても勝てない。
 効率のいいダメージの入れ方忘れてて、うまく削れない。
 だから金色になったジグラットに、ターボショット撃とうとするなよ俺(泣)
 (ベルグドルにターボショットはありません)
 時間切れで MISSION FAILED。
 なんかすごい屈辱。

 ……あまりに悔しいので、軽く食事を取った後、再挑戦して無事にジグラット撃破
 数年ぶりに衛星軌道上に放出された愛機を回収して帰ってきた。
 (この画面も懐かしいなあ。)

 いやあ、やっぱりベルグドルは良かったな。
 SAVにはSAVの戦い方があるのだ。
 機種にあった戦い方も出来ずに、欠陥機などと抜かすのはお門違いである(偏見)。

追記:
 今回の日記は『電脳戦記バーチャロン』シリーズを知らない方には全く意味不明な内容であることをお詫びいたします。
 ……えらそうなこと書いてますが、現役時代も腕は2流でした(^^;)。

|

« 定番の面白さ | トップページ | 微調整してみる »

コメント

え?ジグラット戦にパターンなんかあったっけ?

やっぱりBALはいい ABYSS

投稿: ABYSS | 2004.06.18 23:08

パターンというか、正確には避けながら効率よくダメージを入れる手順かな。
邪悪な機体より技術がいるだけです(笑)。

投稿: 狂仙 | 2004.06.19 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/794721

この記事へのトラックバック一覧です: SAV、再臨。:

« 定番の面白さ | トップページ | 微調整してみる »