« なんだかつかれた日 | トップページ | ホラーSFを2冊 »

2004.04.30

闇と共に暮らす

 先日、古本屋で衝動買いした夢枕貘+天野喜孝『鬼譚草紙』を読了。
 平安時代を舞台にした夢枕貘の三つの物語に、天野喜孝がたっぷりとイラストをつけている。
 なにせ作者の二人が「何かHな譚(はなし)をやりたいねえ」と語り合って実現した本なので、全編エロチックな話なのだが、その割にあまり下品な感じがしないのは「平安の闇」を描く夢枕貘の文章の良さと、天野喜孝の絵の幻想性のおかげだろうか。
 夢枕貘の平安物は、やっぱり「闇の中にいるものと共に暮らしている感覚」が秀逸だよなあ。
 新刊で出たときは見逃していた本だが、これはかなり当たりでした。

|

« なんだかつかれた日 | トップページ | ホラーSFを2冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/516215

この記事へのトラックバック一覧です: 闇と共に暮らす:

« なんだかつかれた日 | トップページ | ホラーSFを2冊 »