« ワイドテレビの存在意義 | トップページ | 死んだ気になって生きること »

2004.03.18

道は、はてしなくつづく。

 近いうちに人に貸そうと思って、『ホビットの冒険』上・下を再読した。
 もう何度も読んだ本なので改めてどうこう言う段階ではないのだが、やはりこの「背景の奥行きの深さ」はいい。
 どの登場人物も、登場してくる以前からの生活がしっかりと意識できる。
 だからこそ、何度も再読しているのだろうな。

|

« ワイドテレビの存在意義 | トップページ | 死んだ気になって生きること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18659/320594

この記事へのトラックバック一覧です: 道は、はてしなくつづく。:

« ワイドテレビの存在意義 | トップページ | 死んだ気になって生きること »