2008.12.12

江戸語の罵声が飛び交う宇宙

 友人に借りていた今日泊亜蘭『宇宙兵物語』を読了。  今日泊亜蘭はアンソロジー『...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.10

今年の百冊目

 今年の百冊目は、ちくま学芸文庫の『正史三国志6 呉書I』だった。  買ったのは...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.24

曹操軍、烏林に終結す

 二日続きで少々気の重い用事があって、気力・体力的に持つかな……と心配だったのだ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.24

長い「その後」の物語

 以前から、古本屋で単行本を見かけて気になっていた中村彰彦『桶狭間の勇士』が、文...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.23

思い出の戦国自衛隊

 ちょっとしたきっかけで半村良『戦国自衛隊』を再読。  最新装備(といっても執筆...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.19

「現世の最高神」を名乗る意味

 藤巻一保『第六天魔王信長―織田信長と異形の守護神』を読了。  特に創作などで無...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.04

終わりの後に始まりを読む

 戦国の終わりを告げる『関ヶ原』に続いて、戦国の幕開けを描いた『箱根の坂』全三巻...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.02

『関ヶ原』を読む

 最近、戦国時代物の歴史小説が読みたくなっている流れで、司馬遼太郎『関ヶ原』全三...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.27

帰宅は月曜の午前6時半でした

 DAICON7へ行ってきたのでアフターレポートでも書こうと思ったのだけど、帰り...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.09

働き者の戦歴

 谷口克広『戦史ドキュメント 秀吉戦記』を読んで、感想書くのを忘れていた。  …...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«キャラが立っているのがいい